Go to Top

起こりうる合併症

起こりうる合併症

他の注入剤と同様、アクアミド®治療によって一時的な痛み、浮腫、発赤、軽度の血腫やその他の軽度の副作用が起こる場合があります。注入後1~2日内に、注入個所付近に一時的な浮腫や圧痛の起きるリスクが小さいながらもあることを患者に説明する必要があります。感染が原因でなければ、その症状は限定的で、数日のうちに消えます。注入後1週間しても注入個所のヒリヒリする痛みや発赤、腫れなどの症状が消えなければ、通常、感染の徴候と見られます。アクアミド®による合併症の発症で真っ先に疑われるのが感染です。アレルギー反応が起こることはありません5

腫れのような合併症は、コルチコステロイド剤やNSAIDで治療しないでください。これらは、回復を遅らせるため禁忌です4,5

これら症状は、広域抗生物質(クラリスロマイシン 500mg p.o.とモキシフロキサシン 400mg p.o.の併用、1日2回)の多量投与で直ちに治療する必要があります。抗生物質は10~14日間投与します。3日たっても症状が軽減しない場合、薬剤をクリンダマイシン 600mg p.o.とテトラサイクリン 500mg p.o.の1日2回投与に変更してください。この投与は、クラリスロマイシンとモキシフロキサシンに耐性のあるバクテリアに作用すると思われます。ただし、治療に要する期間は通常より長くなります。広域抗生物質は早く多量投与するほど、患者の回復も早まります。5

予防措置を講じる場合、以下の併用をお勧めします:アジスロマイシン 500mg p.o.とモキシフロキサシン 400mg p.o.を、注入の2~6時間前に単回投与。併用投与により、組織中の濃度が高まりますので、一度投与するだけで済みます。

合併症が発症した場合、弊社の合併症管理プロトコルを参照してください。

アドバイス等が必要でしたら、医療事項レポートフォームにご記入の上、最寄りのアクアミド®販売店にお送りいただくか、または、オンラインフォームにご記入ください。また、ご質問は最寄りのアクアミド®販売店またはContura社までお気軽にお問合せください。

人体に対する正常な異物反応と異物感染の違いは何ですか。

 

もっと読む…

Foreign body reaction

A foreign body reaction is a normal response to any foreign material introduced into  he human body. This reaction may be weak or strong, depending on the nature of the foreign material. A strong reaction may, if left untreated, give persistent symptoms with ensuing fibrosis, as seen in granulomas. A weak foreign body reaction does not give any initial symptoms and it slowly disappears over time4,5.As documented in studies, Aquamid® injections only cause a weak foreign body reaction, characterized by a thin layer of macrophages and a few giant cells surrounding the hydrogel4. Due to this weak response, Aquamid® is not associated with any symptoms of a strong foreign body reaction and no granuloma formation will occur4,5.

Foreign body infection

Contamination of tissues with bacteria in the presence of a foreign body gives rise to a low-grade infection. The symptoms are mostly discreet, and the classic signs of infection, such as redness, oedema, pulsation and pain may be absent. The amount of bacteria is generally small and difficult to detect by microscopy or culture, and in many cases the micro-organisms are only detectable by PCR and DNA sequencing. At the same time biopsies show an increased foreign body reaction induced by the bacteria. These infections must be treated with antibiotics for longer than normally required with infections not associated with a foreign body. The symptoms can be spread in a wider area that the bacteria itself due to lateralization of the inflammatory process with involvement of surrounding tissues and lymph nodes. Hence, even if all available detection tests for bacteria are negative (the material may be insufficient), a bacterial infection must always be suspected and treatment with a broad-spectrum antibiotic must be initiated4,5.